ハイドロキノン化粧品の肌への効果とは

ハイドロキノンの使い方の注意

ハイドロキノンで最も効果があるのが、やはりその濃度が濃いものです。もし本格的にシミやそばかすの治療をするなら、医師の処方を受け、2パーセントから4パーセントほどのハイドロキノンを手に入れましょう。

これだけ美白が浸透しているので、ハイドロキノンはにわかに様々な美白化粧品に入れられることが多くなっています。店頭で買う事が出来る有名化粧品でも、または通信販売で話題になっている化粧品でも、ハイドロキノン含有量が多いものは高価です。しかし、医師の処方なくして濃度の濃いものは取引できないので、化粧品として市販されているものは商品としてはあまり濃いものではないです。

ただし、濃度の濃いハイドロキノンは、たしかに効き目はあるものの、患部に直接塗布すると、すこしかゆみや赤みなどの症状が見られる場合がありますので、その点では濃度がそこそこの市販品で気の長い努力、スキンケアをしたほうが安全ではあります。

ハイドロキノンは即効性がありますが、肌にはターンオーバーサイクルがある以上、根本的な治療は、やはり1ヶ月くらいかかるからです。薄いハイドロキノンですこしずつ美肌、美白をしてなるべく肌ダメージを最小限にしましょう。