ハイドロキノン化粧品の肌への効果とは

ハイドロキノン選びに関すること

基本的にハイドロキノン濃度が濃い2パーセントから4パーセント以上の美容液は、皮膚科医が処方します。ただし美白クリームやその他化粧品、医薬部外品に関しては、5パーセント以上のハイドロキノン含有量を謳う商品もあるので、商品選びには慎重になるべきです。

厳しい管理体制でも知られるアメリカのFDAでは、ハイドロキノン成分2パーセント以上のものは医師の処方が必要とされていますし、ヨーロッパではハイドロキノンの副作用なども知られています。そのこともあり、ただ成分が強いものを漠然と肌に効果的だと選ぶのは間違いです。

できれば皮膚科医に相談して処方されるのが一番いいでしょう。肌状態をしっかり診察し、もちろんパッチテストなどもしてくれるでしょう。そして段階を踏んであなたの肌悩みを解決してくれる筈です。

もしハイドロキノン商品でこれはどうかな、というものがあったら、まずは消費者の声や口コミを確認することです。またもし皮膚科医の診断を受けているようだったらその商品のことを良く聞きリサーチすることです。もちろん化粧品の良さは人それぞれです。トライアルキットがあれば、それを試してから使っても遅くはありません。