ハイドロキノン化粧品の肌への効果とは

ハイドロキノンの薬効期限

基本的には、化粧品や薬も有効期限があります。その有効期限が切れると、薬効や効果が期待できないどころか、副作用の危険もあります。なるべく薬は早めに使い切ることが大事です。

ハイドロキノンの場合、その商品にもよりますが密封、冷暗所に保管して、最大3年くらいです。高いハイドロキノンを買ったら、使い切るのに必死になってしまいますが、それも肌は生もの、生き物ですから、適切に使わないとハイドロキノンを買った意味がなくなります。

とくにトラブル肌のときには、ハイドロキノンが一つの刺激物になってしまうので、使用を控えてください。また赤みやかゆみが酷いときは使用を止めて皮膚科医に相談してみてください。使い過ぎと、紫外線にはとくに気を付けましょう。ハイドロキノンをつけて直射日光を浴びるとその部分がシミになってしまうことがあります。

なによりも肌の状態をよくみて、美白だけではなく、肌の健康をしっかり管理してください。肌の健康なくして美白はなりたちません。そのことを胆に銘じて肌ケア、美白ケア商品としてハイドロキノンを使いこなすことです。またシミやそばかすの原因をつくらないように工夫して下さい。いつまでもシミそばかすのない健康な肌を保てます様に。